忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

各種 権利について

不必要かもしれませんが、私の考え方としてこの記事を残しておきます。

マンガやアニメ、ゲームの二次創作に興味のある方は知っている、または考えた事がある方が多いと思います。
著作権について。

マンガ、アニメ、ゲームなど、作品には著作権をはじめ、その絵を使う権利、その名前を使う権利などあらゆる権利がかかっています。
そういった権利は全て作者や販売元にかかっています。
つまり二次創作は違法。
でも、二次創作があるからこそマンガやゲームの知名度が上がり販売が伸びるのも事実です。
それを理由にマンガやゲームの二次創作については作者や販売元が目を瞑ってくれているグレーゾーンである場合が多いです。
故に「販売元や作者への直接のお問い合わせはご遠慮ください」等の記述をよく目にします。

しかし、ハンドメイド作品はどうでしょう。

レジンでよく使用されているシリコントレー。
本来は個人家庭での製氷用に販売されています。
レジン作品に使用して販売する事を推奨してはいません。
また、サクマドロップ等の飴をシリコンで型取りしてフェイクスイーツにする行為も本来は違法です。
2次創作の場合、ディズニーの形やモチーフは特に版権に厳しい事で有名です。
使用済みの切手を活用している物もよく見かけます。
切手は国がデザイン含め全ての権利を持っています。
例え使用済みであっても2次加工や販売は禁止されています。
モチーフで言えば、アリスデザインもよく見かけますがカラーイラスト等は商標権がかかっています。

個人で楽しむために加工して使用する分には問題ないのですが、それをフリマやイベントで販売するとなると話は大きく違ってきます。

まぁ、つまりは今の世の中に存在する物の殆どに誰かの権利がかかっている事が解っていて、何かあった時には責任をとる覚悟を持って活動したいなと。意思表明でした(^^;

拍手[0回]

PR

この記事にコメントする

お名前
タイトル
メール
URL
コメント
絵文字
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
パスワード

忍者カウンター

ブログ内検索

フリーエリア

カレンダー

08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30